Elektra Appendix

前のポストで触れたエレクトラ・レコーズ、そのディスコグラフィになじみのある方も多いと思うが、「どれから聴こう?」と迷う向きもいるかもしれないので、参考までにおまけのディスク・ガイドを。

その①&②は、エレクトラ黄金期(60~70年代)を代表する誰もが認める名盤=一度は聴いて損はない古典、そして見過ごされがちな(しかし個人的には大好きな)隠れ名作。③は、ジャック・ホルツマンがレーベルを離れた後に契約・リリースされた、いわば番外編。メジャー傘下ということで組織的に変化、また生え抜きではなくインディから移籍・・・というケースも含まれるが、この時期も激愛作品は多い。

もちろん、筆者はエレクトラの全作品を聴いたわけではないので、このリストはあくまで狭~い見地から選ばれた独断と偏見(偏愛)に満ちた内容。もっと総合的なリストを!という方は、MOJO誌の特集(エレクトラのベスト60枚)をお薦めします。Enjoy and follow the music!

Pt.1
1.Forever Changes—Love(1968)
2.The Doors—The Doors(1967)
3.Fun House—The Stooges(1970)
4.Happy Sad—Tim Buckley(1969)
5.Kick Out The Jams—MC5(1969)
6.The 5,000 Spirits,Or The Layers Of The Onion—The Incredible String Band(1967)
7.The Stooges—The Stooges(1969)
8.L.A.Woman—The Doors(1971)
9.Goodbye And Hello—Tim Buckley(1967)
10.Nuggets:Original Artyfacts From The First Psychedelic Era—V.A.(1972)

Pt.2
1.David Ackles—David Ackles(1968)
2.Jobriath—Jobriath(1973)
3.Da Capo—Love(1966)
4.Lorca—Tim Buckley(1970)
5.The Moray Eels Eat The Holy Modal Rounders—The Holy Modal Rounders(1968)
6.The Hangman’s Beautiful Daughter–The Incredible String Band(1968)
7.The Marble Index—Nico(1968)
8.Bleecker&MacDougal—Fred Neil(1965)
9.6—Tom Paxton(1970)
10.Crabby Appleton—Crabby Appleton(1970)

Pt.3
Marquee Moon—Television(1977)
Adventure—Television(1978)
The Cars—The Cars(1978)
Alchemy—Richard Lloyd(1979)
More Fun In The New World—X(1983)
Heartbeat City—The Cars(1984)
10,000Maniacs—In My Tribe(1987)
Lunapark—Luna(1992)
Bewitched–Luna(1994)
This Perfect World—Freedy Johnston(1994)

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: music タグ: パーマリンク