distant voice

小さな声

大震災の被害で、日本の方々はみな、辛く、悲しく、苦しい状況にいるかと思います。

ここイギリスでも、連日多くの英新聞でトップ・ニュースになっている。土曜はもちろん、火曜朝刊も、メイン新聞の半数が一面扱い。友達からも、たくさん「大丈夫?」の気遣いテキストやメールをもらった。既にご覧になった方も多いかとは思いますが、自分の思いを代弁してくれるイメージとして。

これは、英The Independentの3月13日:日曜版(Independent On Sunday)の表紙(こちらのブログから、写真を転載させてもらいました)。店頭で見かけた時、その場で思わず、どっと涙がこぼれたっけ。金曜に知人や友人から地震第一報のメールを貰い、翌土曜、両親(停電の影響で、ずっと連絡が取れませんでした。北関東在なので、大過は免れただろうと思ってはいましたが)や日本在の家族がいずれも無事と知って、ほっとしたところだったのもあったかもしれません。

遠くから、様々な報道を読み、被害の大きさに心配し嘆いているだけで、結局はたいしたこともできず、ただ涙を浮かべたり、あるいは手をこまねいているだけの自分。が、せめてもの思いで、リアクションの比較的早かった英赤十字の義援チャリティ基金を通じ、スズメの涙ながら、先週献金はした。ウェブサイトを使って、すぐに決済できました。他にもGoogleやAmazonを通じての献金システムが動いているし、デジタル・エイジのありがたみを実感したところ。

母は、「困っている東北の人達に、衣類や食料を送りたい」と電話で話していた。けど、被災地に物質資源の「現物」を送るのは一般人には難しいと思うので、今の段階では、日本赤十字(:あるいは信用するチャリティ団体、しかるべき義援プロジェクト)に献金するのがベストでは??と伝えた。
雪と寒さに震える東北に、布団や衣類を送りたい気持ちは分かる。けど、今の状況においては、苦しんでいる人達のもとにそれらの支援が届けられる物流過程すら、なんらかの負担になる可能性がある。だったら、「手に取れる、ぬくもりを感じられる形」ではないにせよ、目に見えないながらも価値の代償になる「マネー」を有益に活用してくれる窓口に支援を向けるのが、大事なのではないだろうか。

以下、(他にも多数発足しているとは思いますが)支援ライヴのお知らせです。間接的かもしれないけど、テレビやネットやトウィッターを見て「ああ」と嘆くだけではなく、実際の小さな貢献の積み重ねは、明日につながるはず。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Two benefit gigs Tenniscoats play in Kansai area

関西地区のベネフィット・ライヴのお知らせです。
ジャド・フェアとのジャパン・ツアー2011を終えて関西にとどまっているテニスコーツが、東日本大震災被災者支援のベネフィット・イベントに参加します。詳細は以下の通り。前者は仙台出身、現在は兵庫県明石市に在住するユンボの山路智恵子さんの呼びかけによるもの。また、後者も収益金はすべて被災地への義援金として活用されるようです。ぜひ皆様ご協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。なお、急遽決定したイベントですので、ぜひ周りの方へのお声がけ、ツイッターやフェイスブックによる情報拡散にご協力いただけると幸いです。

ザ・ライブ
3月16日(水)
大阪・中崎町「common cafe」
大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F(地下鉄谷町線中崎町駅2・4番出口上がる徒歩1分)
TEL 06-6371-1800(当日のみ)
open 6:30pm start 7:00pm
カンパ制
出演:さや、植野隆司(テニスコーツ)、umamo+α、梅田哲也、カメイナホコ(ex.ウリチパン郡)、黒田誠二郎(細胞文学)、山路知恵子(yumbo)
info:音波舎 ompasha@auone.jp

いまいるところ
3月17日(木)
神戸・旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
TEL : 078-220-3924
open 7:00pm start 7:30pm
出演:テニスコーツ(さや+植野隆司)、森本アリ、稲田誠、梅田哲也、ゑでゐ鼓雨磨、オオルタイチ+ウタモ、西川文章、森山ふとし、山本信記、米子匡司、ムーン♀ママ(ピカ)

また、高円寺円盤のライヴ・チャージの一部と売上の10%が当分の間寄付されるとのこと。また、トクマルシューゴの「Open a Bottle」をダウンロードするとご希望のご購入金額がそのまま義援金として活用されるなど、ほかにもベネフィットの動きがいろいろと進んでいるようです。ぜひご協力ください。

スウィート・ドリームス・プレスも、先週土曜日まで開催したジャド・フェア+テニスコーツのジャパン・ツアー2011の収益金の一部を日本赤十字社に寄付することにいたしました。テニスコーツからも寄付金を預かってきましたし、わすれろ草からも出演料の全額を寄付するという申し入れがありました。ツアーの模様、詳細についてはスウィート・ドリームス・プレスのホームページをご覧ください。
http://www.sweetdreamspress.com

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: uncategorized パーマリンク