News

いささか手前味噌めいた告知ですが・・・新たに創刊される音楽雑誌「音盤時代」に寄稿させていただきまして、以下に書籍データや関連ブログ、創刊号の内容をご紹介。これらの目次やトピックだけを読んでも、音楽好きの方ならきっと、好奇心がムクムク首をもたげると思います(私はもたげられました!)。発売は4月30日、書店で見かけたら、ぜひお手に取ってみてくださいませ~。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◆書籍データ
音盤時代
¥1575
4月30日発売(季刊)
四六版

◆告知用ブログ
http://onbanjidai.blogspot.com/

◆アマゾンのリンク
http://www.amazon.co.jp/dp/4925064401/

◆概要

「読む」という「エンターテイメント」に徹した新感覚音楽雑誌が創刊です。

◆あいさつ

音楽雑誌とは、音楽の情報を伝えるその前に、まずは「雑誌」です。
つまり、おもしろく読めなきゃいけない、ということです。

本誌は、その「読む」ことに徹した「音楽雑誌」です。なので、この本のどこを開いても、プロモーション稼働のアーティストインタビューなどの、
従来の音楽雑誌に見られがちなメニューは出てきません。
なぜならば、それらは純粋に読者のためにあるメニューではないからです。
つまり本誌は、読む悦びのためのメニューは、ほかにあると考えます。

音楽を読む、という行為は、ほんとうはまだ、形になっていないのかもしれません。本誌は、そのまだ見ぬ、「読む音楽」という桃源郷を目指します。
そこには、「音楽を聞く」のと、さして変わらぬ興奮が待っている気がするのです。そういう意味では、「音楽雑誌」は、まだはじまったばかりかもしれません。

◆<執筆者一覧>(ページ順)

福田教雄、吉本栄、佐藤一道、妹沢奈美、坂本麻里子、柳澤祐至(ワルシャ ワ)、潮田宣久(メディテーションズ)、山辺圭司(ロスアプソン)、梶本聡、 二見裕志、安田謙一、松永良平、藤原ヒロシ、井上薫、CHEE、ファック・マ スター・ファック、阿部広野(ノアルイズレコード)、クリスタル、松田岳二、 清水祐也、高木壮太、湯浅学、小野田雄、伊藤ゴロー、浜田淳(編集部)。

◆目次一覧

◆表紙のひと
インタビュー/エッシャー・パール・ワトソン
「庭に円盤がある家。」
取材/編集部 通訳/妹沢奈美

◆チープ・ジャーナル~街の声
あるクラシックファンとの会見。
ロシア~ソ連のピアニスト、とりわけノヴィツカヤについて。
東谷宏之さんの場合(自営業 35歳)

◆新譜ジャーナル
*シャロン・ヴァン・エッテン、「ラヴ・モア」がつなぐもの
文/福田教雄
*”座長”ソニー・スミスの、増殖やまない支流を整理してみた。
文/吉本栄
*キメラとしてのサイケデリック~アリエル・ピンクにまつわる有象無象
文/佐藤一道
*ロックとワーキングクラスとの蜜月の、その断絶と復縁~フランキー&ザ・ ハートストリングスの登場によせて
文/妹沢奈美
*黒い鳥たちの歌~当世流ゴスロックの諸相
文/坂本麻里子

◆レコ屋さんに聞く
*シットでサイケな、素敵なバンドたち
文/柳澤祐至(ワルシャワ・レコード)
*インド珍道中~メディテーションズのこころ
文/潮田宣久(メディテーションズ・レコード)
*南米礼賛~チーチャにクンビアにスピネッタ
文/山辺圭司(ロスアプソン)

◆ディスクガイドシリーズ
「南国気分(つもり)」
○これも南国
*マシーナリーは南を目指す 文/梶本聡
*トロピカル洞、その陰と陽 文/二見裕志
○南国必須アイテム
*コンパスが指した場所の音楽~コンパス・ポイント・スタジオ
文/安田謙一
*サバンナバンドというウイルス~ドクター・バザーズ・オリジナル・サヴァン ナ・バンド
文/松永良平
*輸入商マルコム~マルコム・マクラーレン
文/藤原ヒロシ
○DJに聞く
*井上薫
*CHEE
*ファック・マスター・ファック
○カテゴリー別ディスクガイド
*SP盤 文/阿部広野(ノアルイズレコード)
*日本 文/クリスタル
*80年代 文/松田岳二
*2000年代 文/清水祐也
*闇鍋 文/編集部

◆寄稿
タカギ技研工業「ピュア2011のご紹介」
文/高木壮太

◆歴史の時間
抵抗の音楽史~レコード倫理とはなにか
文/湯浅学

◆自由研究
<セント・ギガ>を紹介する。~ユートピアを目指したラジオ
文/小野田雄

◆実践の時間
楽しい音楽~教科書自作のすすめ
第一回 コードを理解する
講師/伊藤ゴロー

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: uncategorized パーマリンク