Andy Cabic(Vetiver)&Devendra Banhart Japan Tourのお知らせ

Windbellさんより、すこぶるご機嫌なジョイント•ツアーのお知らせが届きました。詳細は以下をチェックください!!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

from San Francisco and NYC

ANDY CABIC (VETIVER) & DEVENDRA BANHART
JAPAN TOUR
OCTOBER 2012

10月5日(金)東京 VACANT
open 18:30 start 19:30
料金 \4,000 (+1 drink)
http://www.n0idea.com/

6日(土)岡山 城下公会堂
open 19:00 start 20:00
料金 \4,000 (+1 drink)
http://www.saudade-ent.com/index.php

7日(日)大阪 Noon+Cafe
open 18:00 start 19:00
料金 \4,000 (+1 drink)
http://noon-web.com/
http://www.raftmusic.net/

8日(月/祝)金沢 廣誓寺
open 18:00 start 19:00
料金 \4,000
http://www.shirasagi-art.net/

10日(水)京都 Urbanguild
open 19:00 start 20:00
料金 \4,000 (+1 drink)
http://www.urbanguild.net/

11日(木)名古屋 クラブクアトロ
open 19:00 start 20:00
料金 \4,000 (+1 drink)
http://www.club-quattro.com/nagoya/

12日(金)東京 duo MUISC EXCHANGE
open 19:00 start 20:00
料金 \4,000 (+1 drink)
http://www.duomusicexchange.com/

13日(土)東京 CAY
open 19:00 start 20:00
料金 \4,000 (+1 drink)
http://www.spiral.co.jp/

企画/制作:WINDBELL
招聘・制作協力:(株)シャ・ラ・ラ・カンパニー

ANDY CABIC (VETIVER) http://vetiverse.com/
DEVENDRA BANHART http://www.devendrabanhart.com/
WINDBELL http://windbelljournal.blogspot.jp/

カエターノ・ヴェローゾ、マーク・ボランを思い起こさせるやさ男ぶり・スター性で音楽シーンのみならず、美術・ファッションはては映画・セレブ界までをも魅了する、デヴェンドラ・バンハート。(間もなく発売になる” A Tribute to Caetano Veloso”では名盤”Domingo”収録の “Quem Me Dera” !をホドリコ・アマランチ(Little Joy/Los Hermanos)とカヴァー。)

そして近年、アルバム”Things of Past”,”Tight Knit”, “The Errant Charm”と充実した作品のリリースが続く、ヴェティヴァー。
その作風・佇まいはどこかビートルズでいえばジョージ・ハリソン、フェイセスにおけるロニー・レイン、デイヴィッド・ブルー、マイケル・ハーリーといったSSW、つまりは歴代のミュージシャンズ・ミュージシャンたちを想起させる、アンディ・キャビック!

彼ら二人は新世紀に入ってからの様々な潮流の支柱であり、主謀者。二人の友愛、探求が2000年以降の世界の音楽シーンをより豊かなものにしたことは熱心な音楽ファンにはご存知のとおり。

彼ら二人が仕切るレーベル「Gnomonsong」のリリース作、レーベルこそ違えど協調関係を結んできたアーティストたちとの動きは
フリー(ク)・フォークと呼称され、新旧問わず世界中の様々な音楽を吸収、内包した表現はサイケデリック、トライバル、バレアリック、フォーク/トラディショナル、中南米音楽~ジャマイカン・ミュージック~AOR DISCOといった幅広いジャンルのリスナーにまで及んでいる。彼ら二人は細分化が進み過ぎ、つまらなくなったカテゴリーの枠を悠々と行き来する数少ないアーティストともいえるでしょう。ジョアンナ・ニューサム、ヴァシュティ・バニアン、リンダ・パーハックス…といった女性アーティストたちにやさしいのも彼らの特徴。

二人がこのようなかたちでツアーするのは世界初しかも日本オンリー!
アンディが日本の地でヴェティヴァーの曲を披露するのは初!
三度来日しているデヴェンドラが日本各地を巡るのも初めてのこと。

またとないこの機会をどうぞお見逃しなく!

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: music タグ: , パーマリンク