The Stone Roses reunion documentary by Shane Meadows

既にもろもろ報じられていて今さら…という感じもありますが、「This Is England」シリーズでもおなじみ:シェーン•メドウズ監督がこの夏のストーン•ローゼズ再結成の模様を追ったドキュメンタリー映画の公開期についてコメントしていたのでお知らせ。

詳しくは上記のシェーン•メドウズ公式サイトのスレッドへのリンクをチェックいただきたいですが、マンチェスターでの里帰りヒートン•パーク公演の模様を筆頭に相当に膨大なヴォリュームの映像をゲットしたらしく、いやはや編集作業が大変そうですな〜。シェーン•メドウズは今年のクリスマスまでには英国公開に漕ぎ着けたいと語っているので、がんばりを期待しましょう。

その一方で、このドキュメンタリー製作が挟まったことで「This Is England」の最終チャプターになる(予定の)「This Is England ’90」のプロダクションの遅れに繫がったらしく、「’90」を観れるのはもしかしたら来年になるかもしれません。そこは「TIE」好きとしてはちと寂しくもあるのですが、筆者もローゼズには思い入れがあるし、彼の自伝的作品の端緒と言えるプチ名作「A Room For Romeo Brass」(1999)でイアン•ブラウンのソロ曲とローゼズの「Going Down」をサントラに使ったくらい、シェーン•メドウズにとってローゼズは大事な大事なバンド。「TIE」組の面々も、この「まさか」の再結成に狂喜しドキュメンタリー製作の千載一遇の機会まで与えられた監督のワンフ丸出しな暴走をあたたかく見守ることでしょう。ともあれ、どんな内容になるのか今から楽しみっす!

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: film, music タグ: , パーマリンク