Beat of My Own Drum:27. Sonny Sharrock

昨日のミンガスに興が乗った感じで、またもジャズです。っていうか、ソニー•シャロックはフリー•ジャズ〜インプロと前衛とを自由に行き来したギタリスト/コンポーザーであり、晩年にはビル•ラズウェルらとのパンク•ジャズやメタルにも腕を伸ばし……と、「これ」とはカテゴライズしにくいアーティストだと思う。

ただ、そのカテゴリー/枠組みに収まりきらない彼の豊穣な音楽センスがあってこそ、自分にとって「この世でもっとも美しいレコードのひとつ」である1969年のアルバム:「Black Woman」が生まれたのかな?と。このアルバムに横溢するエモーションの波動は大きく、熱く、ショッキングで、他にちょっと類を見ないものです。

<この人のギター•プレイやヴォーカル•アレンジは、ちょっと前のUSインディ勢にインスピレーションを与えていたのでは?と感じずにいられないほどモダンです>

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: beat of my own drum, music タグ: パーマリンク