Beat of My Own Drum: 44.Gram Parsons

ちょっと前からイギリスでも放映の始まった、フー•ファイターズの新作レコーディングのドキュメンタリー/兼アメリカの肥沃で多様な音楽シーンとそのレガシーを辿る映像作品「Foo Fighters:Sonic Highways」。日本でも放映されるという話ですが、ここイギリスではBBC4で毎週1話ずつのオン•エアというスタイルです。で、昨日オン•エアされたエピソード•スリー:ナッシュヴィル篇を観ていて、つい聴きたくなったのがグラム•パーソンズのソロ作からこの(たぶん自分の生涯ベスト•ソングのひとつである)トラック。

もっとも、「Sonic Highways」のこのエピソードにグラムは一切登場しないので、こじつけっぽいかもしれません—―という話はさておき、「Sonic Highways」はとてもよく出来ているので、アメリカ音楽が好きな人なら「勉強」という意味も含めて観て損は無いと思います。

アメリカの「ロックンロールの聖地を探る」、「ブルースのルーツは」みたいな音楽ドキュメンタリーは色々ありますが、第1話のシカゴ(アルビニ)、第2話ワシントンDC(イアン•マッカイ)といった具合に、アメリカ各所の名スタジオを回りながらもデイヴ•グロールのパーソナルな思いが混じっているので若いロック•ファンにもとっついきやすいはず。今後のエピソードでどんな話が飛び出すか、楽しみに見守ろうと思います。

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: beat of my own drum, music タグ: , , パーマリンク