ジョシュ•クリングホッファーを観れるかも。

……という、やたらと出し抜けじゃのぅ??なポスト名ですんません。とはいえ「ジョシュ•クリングホッファー」の名前は、普段当ブログで取り上げている音楽アクトの大半よりも遥かに知名度は高い――と言い切るのは、彼が現レッド•ホット•チリ•ペッパーズのギタリストだからです。

しかし本題はチリ•ペッパーズではなく、ジョシュが初めてフロントを張った……と言っても良さそうなバンド、ドット•ハッカー。ナールズ•バークリーのツアー•バンドに参加した面々からは始まったというこのユニット、ヘラのメンバ―も加わって現在に至ります。そんな彼らの来日公演を来年2月に実現させよう!ということで、今回は「来日招聘応援サイトが動いているよー」とのお知らせを受けての、 支援ポストになります。まずはその公演企画の概要やプランニングを、こちらのリンクからご確認ください

<ドット•ハッカーの屋上ライヴ。ジョシュはキーボードを弾いてます>

<これまたドット•ハッカー。この映像はギターです>

ジョシュは、LAを基盤とするメジャーからアングラまで実に厚いミュージシャン•ネットワークの中で育ってきたマルチ•インストゥルメンタリスト……という印象を長らく持っていたけど、PJハーヴェイのバンドに起用されたのを見て「おお!」と見直した感じかな。ジョン•フルシャンテが「後は任せた」とネックを委ねたのもうなずける人選です。


<RHCPと同じ頃にがんばっていたバンド=セロニアス•モンスターの主格である、ボブ•フォレストが続いて始めたプロジェクトがザ•バイシクル•シーフ(自転車泥棒)。ジョシュの、たぶん最初のプロとしての演奏はこのユニットだったはず>


<ギャロ期。ちなみにこのフジ出演時のドラムは、ジャック•ホワイトのバンドでも叩いているカーラちゃんです♥>


<PJ期>

彼はそこから現在=チリ•ペッパーズの一員というメジャーなポジションを得たわけですが、スタイルやジャンルにとらわれない彼のプレイヤーとしての柔軟やさやソングライターの本性は、ビッグ•ネームの参加作品よりもドット•ハッカーのようにパーソナルなプロジェクトでこそ堪能できるのでは? いわゆる面白可笑しい「エンターテインメント」なライヴじゃないかもしれません。が、何かが生まれていく過程や実験/トライアルを見守りサポートするのも音楽好きの醍醐味……というわけで、もしも本ポストを読んで引っかかるサムシングがあった方は、上記リンクから公演実現に至る道筋への詳細をゲットしてみてくださいまし。

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: music パーマリンク