Beat of My Own Drum: 52.Roy Wood

今日の気分はこんな感じ。ザ•ムーヴ、ELO、そしてウィザードetc……と様々なフェーズを経てきたブリティッシュ•ロックのグレイト&エキセントリックなアイコンのひとり:ロイ•ウッドのアルバム。

セカンド•ソロになるこのアルバムは前作同様自作•(ほぼ)自演/セルフ•プロデュースだそうで、その意味でも「イギリス版トッド•ラングレン」と呼びたくなりますな。ロイ•ウッドと言えばイギリスでは「I Wish It Could Be Christmas Everyday」が有名で年末になると絶対にどこかで耳にするわけですが、このアルバムは彼ならではのヘヴィ(重厚な)•ポップ味はもちろん、とりわけ後半にビーチ•ボーイズ〜ブライアン•ウィルソン色が濃くて案外夏が似合う。珍妙なアルバム•ジャケット画およびタイトルに怯むことなく、お試しあれ。

というわけでおまけに、その「I Wish It Could…」のクリップを。このトラックは当時人気絶頂だったスレイドの「Merry X’mas Everybody」に阻まれて1973年のクリスマス•ナンバー•ワンを達成できなかったんですが、あちらも人気曲とはいえ、個人的には断然:ウィザードに軍配を上げます。

<コスチューム&メイクも抜群です>

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: beat of my own drum, music タグ: パーマリンク