お知らせ:Guitar Pop Definitive 1955-2015

h1_guitar_pop

今回は業務連絡です:

数々のギター•ポップ名盤を取り上げたディスク•ガイド本「ギター•ポップ•ディフィニティヴ」がele-king booksさんより発売されました。1955年から現在に至る60年の長く広いスパンでこのジャンルの遺伝子構造を解析する!というのはなかなか画期的だと思います&当方もちょっぴり寄稿させていただいてますので、「ギター•ポップってどういうもの?」と興味津々な方から「隠れ名盤をもっと知りたい」なマニアさんまで、興味のアンテナがピッ!と動いたらぜひチェックしてみてくださいませ。以下、プレス•リリースより転載です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ギター・ポップ、 それは永遠のポップス。
大好評のディスクガイド、 “ディフィニティヴ・シリーズ”最新刊!
フォーク・ロック、ボサノヴァ、 カントリー・ポップからネオアコへ、 そして、21世紀のギター・ポップへ。

軽快にしてドライ。ギター・ポップをめぐる成熟と未成熟の物語──。
変わることなく、しかしその不変の輝きによっていつの時代においてもファンを生みつづけてきたギター・ポップ。 ポスト・パンク期の名門レーベルやバンド──国内においてはネオ・アコースティック として愛され親しまれたアーティストたちはもとより、 彼らに先行する存在へと遡行し、また、新しい世代の音にその遺伝子と普遍性とをたずね、年代順に掲載した決定版ディスクガイド。 ラテン・ポップス、ソフト・ロック、ネオ・アコースティック、ギター・ポップ、そして現在。5つのカテゴリーでつぶさに眺める、新しいギター・ポップ本! 大好評の“ディフィニティヴ・シリーズ”最新刊として登場です!

「GUITAR POP definitive 1955-2015」
ISBN 978-4-907276-42-3
監修 岡村詩野
本体 2,600円+税  A5判/250頁(予)
11/25発売予定

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: book, music タグ: パーマリンク