Beat of My Own Drum: 97.The Necessaries

2月にザ•フィーリーズの6年ぶりの新作「In Betweenが発表される運びになりました。こちらは日本でも3月に流通するそうなので嬉しい話です&ファンの方はお楽しみに!

この朗報にちなんで、今回はフィーリーズ好きならきっと心に引っかかるであろうトラックを。ザ•ネセサリーズの編集盤アルバムから、こちら。

<オリジナルのデビュー作はサイアーから1981年に発表。この画像に映っている「Event Horizon」はファーストの内容に一部手を加えた後発盤な内容ながら、アルバム•ジャケットのデザインが実に「この時期」っぽくて捨てがたい魅力があります。かつ、フィーリーズの1枚目のジャケと地(空?)続きな印象すら>

ザ•ネセサリーズは元モダン•ラヴァーズのアーニー•ブルックスを軸とするポスト•パンク•バンドなので、フィーリーズとの音楽的なシンクロも不思議はないかもしれない。しかしこのバンド、本当の目玉はアーサー•ラッセルがキーボード他で参加していた点だろう。冒頭の彼のヴォーカル(&バッキング•コーラス)およびキーボード•プレイが実に素晴らしいこのトラックも、ついでにどうぞ。

ネセサリーズを突如脱退したアーサー•ラッセルは、しかし既にロック/ポップを越えてディスコに向かっていた。82年にはこの楽曲を発表と、この人のクリエイティヴィティは速過ぎますね。脱帽…。

<フランソワ•ケヴォーキアンのミックスでどうぞ!>

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: beat of my own drum, music パーマリンク