Beat of My Own Drum: 103.Peter Ivers

スリーフォード•モッズのニュー•アルバムを聴きながら、しかしエド•シーランの新作も同じタイミングで出ているのね、と気づいた。

ってことはイギリスの大半はシーラン新作買いに走るんだろうな……と思うと、その両極ぶりに軽く目眩。2枚のアルバム•チャートの結果の差異が興味深いっす。アナログ盤チャートではモッズの方が上位かも??

シーラン新作のタイトルが「Divide(割り算:÷)」というのは、もちろんこれまでの数学記号シリーズ題名の繫がりとはいえ、スリーフォードが数年前に冠した「Divide and Exit」を思わせるのも、妙な符合という気がする(=こじつけ)。

そんなことを考えたのは、先だってもお知らせしたele-kingさんでのスリーフォード•モッズ取材の余波かもしれない。んなわけであちらのウェブサイトを覗いてみたところ、ガーン、こんな記事が。モダーン•ミュージック他で知られる生悦住英夫さんが亡くなったそうです

近所に住んでいた頃にぽつぽつ、そしておそるおそる足を運んだ程度なので、間違っても「なじみ客」レベルでもなんでもない。

が、自分のまったく/ほとんど知らない世界があの店内全体にぐわ〜んと広がっているのを感じて、それに対して「あー、分からん作品ばっか。だったら無視すればいいし、もうここは来なくていい」ではなく、逆に「もうちょっとがんばれば、自分にもこの店内をナビゲートできるかも?」という、向上心というか、潜在的なプライドに蹴りを入れられるというか、希望が湧いたんですよね。そういう経験は、珍しい。

そんなわけで、今日は冥福への祈りもこめて:モダーンと自分の繫がりの中でももっとも大きかったピーター•アイヴァースの音源を。この人の楽曲でいちばん有名なのは、もちろんリンチ「Eraserhead」の〝In Heaven〟(ピクシーズのキムもカヴァー)なわけですが、バンド名義、ソロ、コミュニオン…と色々ある中でも、実質のセカンド•ソロ「Terminal Love」から。「末期の愛」っていうタイトルといい、リチャード•ヘルのPlease kill meどころではない=胸に矢の立った聖セバスチャン殉教画めいたジャケ写といい、素晴らしい。

ピーター•アイヴァース作品が、「名盤探検隊」の一環で再発された日本っていいよね……と思いつつ、ピーター作品を聴いていると思い浮かぶ、自分にとっての「は虫類系」シンガーの楽曲も、このついでに。自分にとってのリザード•キングといえばこの人ですね:ルイス•フューレイ。↓

<この人のねちっこさというか、いやらしさというのは、「70年代」としか言い様がない>

リザードに含めてしまうのはちょっと申し訳ないですが、テレヴィジョンの(かつては)美麗ギタリストだったリチャード•ロイドもこのカテゴリーなんですよ。↓

<この曲の歌詞は、つい泣かされるもののひとつです>

ついでにもうひとり、エリオット•マーフィーにも来ていただきましょう。↓

<彼なりのアメリカ讃歌。ルースターズで花田さんがカヴァーした「Drive All Night」も同作収録です。にしてもこのアルバム•ジャケットのルックスは、自分にとって真似したくても真似できない、「永遠の憧れロック•ファッション」のひとつでもあります>

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: hall of dudes, music タグ: , , パーマリンク