Beat of My Own Drum: 118.Harry Dean Stanton

鬼籍の話が続いて恐縮ですが…「アメリカ最高の個性派脇役」とも称される俳優、ハリー•ディーン•スタントンが亡くなりました。少し前に「Twin Peaks:The Return」を観終えたばかりで、久々に彼の姿を観れてとても嬉しかった!のですが、「TWTR」でシーズンを通して登場する献辞を捧げられた数々の出演者やスタッフたちの列に、彼も加わってしまいました。合掌。

Rogue Galleryならぬ、自分の心の「Dude Gallery」にばっちり載る人なので、トリビュートの意味をこめて彼の足取りをいくつかクリップで。彼の出演作は、「ちょい役」も多いとはいえ、大好きな映画ばかりなんですよね、なぜか。メジャーな作品としては「Paris,Texas」がありますが、そちらは皆さんご存知だと思うのであえてオミットしました。

<まずは、「Two-Lane Blacktop(断絶)」。残念ながらこの予告編にHDSのシーンは含まれていませんが、気になった方はDVD他でチェックしてみてください。この作品は、たぶん自分が史上もっとも好きな映画です>

<「Two-Lane Blacktop」に続くモンテ•へルマン監督のカルト作から、ウォーレン•オーツとHDSとのモーテルでの鶏闘シーン。この映画はなかなか観れないと思います&このクリップも吹き替え版なのでちょい観にくいかな。にしても、原作がチャールズ•ウィルフォードというのも抜群!>

<クリス•クリストファーソン主演の西海岸版「Midnight Cowboy」的な、当時の風俗がじゅーんとしみた作品:「Cisco Pike」より。ポール•トーマス•アンダーソンの「Inherent Vice」が好きな方にはぜひお勧めの1作です。ミュージシャンが主人公なのでスタジオ風景も登場するんですが、ダグ•サームがリハーサルしてたり、カメオもスパイスが効いてます>

<名匠ジョン•ヒューストンの「Wise Blood」にも出演してます、HDS。この作品はサザン•ゴシックのアイコン:フラナリー•オコナーの名作を原作にしてるんですが、「原作のイメージを裏切らない」という意味でも驚異的な翻案/映画化だと思います。「グリマ」ことブラッド•ドゥーリフ、ネッド•ビーティなどキャストも素晴らしい>

<「ジョーンジー!?」 猫はばっちりエスケープします。この映画は何回観ても飽きないですね>

<80年代のこういうメチャクチャな映画は大好きです。アレックス•コックスは一時的に良かったな、と>

<デイヴィッド•リンチ「The Straight Story」予告編。HDSは登場しませんが、彼の出てくる場面を含めるとネタバレになるので、このクリップでご容赦を。「Twin Peaks:The Return」をこれからご覧になる方は、この作品もチェックしてくださいましー>

<というわけで、「Sraight〜」から18年後のハリーの勇姿です。♪サボテンの花咲いてる〜赤い河の谷間〜、と、観ていてつい一緒に歌ってしまいました。歌&ギターはこの人の隠れ武器でもあります。このシーズンで何度か登場するHDSは、場面こそ短い&本筋とはさして関係ないものの、いずれも「味」としか言い様のない存在感で画面を引き締めてくれました。涙>

<「名脇役」の名をほしいままにしてきたHDSですが、最後の最後に主演作が控えてます。デイヴィッド•リンチも友情出演(?)していて、楽しみです。監督はこれが初というベテラン俳優ジョン•キャロル•リンチで、この人は「Fargo 」や「Zodiac」など、出演場面は短くても印象に残る俳優さんなのも、HDS主演で映画を撮るっていう心意気にマッチしていて、なんか良いですよね>

最後におまけ:

<ニール•ヤングの「迷作」とされる「Human Highway」のトレイラーを。ディーン•ストックウェルといいデニス•ホッパーといい、「Blue Velvet」の試走かい?と言いたくなりますよね。この作品にHDSが混じっていても何の不思議もない気がします。ブージ•ボーイも元気いっぱいです>

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: beat of my own drum, film, hall of dudes, TV タグ: パーマリンク

Beat of My Own Drum: 118.Harry Dean Stanton への4件のフィードバック

  1. マキ より:

    日本では現在、第八話まで放送が完了しておりますツインピークスですが、まさにリンチ監督やりたい放題というかんじで、とくにあの八話は強烈!このドラマはツインピークスなのか、今のところ非常に疑問。HDSといえばイングリッシュマンinニューヨーク(原題stars and bars)という映画観た事ある?映画としての評価は散々のようですが、私は大好きな映画でもう一度観たいのですが、日本ではdvdも出ていないのでもう観れないかもしれません。昔wowowで放送したのをビデオにとって何回も観たのですが、今更ビデオデッキを買うのもなんですし。。。コックファイターは廉価版ブルーレイも出ていて日本では簡単に観れます。ただし背表紙がやばすぎる。棚においてあると非常にかっこわるい!断絶もかっこいい映画ですが、コックファイターは更に好きで、スケアクロウと同じくらい地味で最高の映画じゃないでしょうか。パリ テキサスはなんと観たことありませんがハリーディーンスタントンさん、どうもありがとう。

    • Mariko Sakamoto より:

      マキ様:こんにちは〜、ご無沙汰してます&コメントありがとう。そうか、日本はまだ「TPTR」放映中なんですね。てっきり海外と同タイミングなんだと思い込んでました。
      あの第8話は確かに強烈。あれを越えるテレビ体験は今年(いや今後ずっと?)まずないでしょうね。スポイラーになるので何も言いませんが、残るエピソードもお楽しみに!
      「Stars and Bars」って作品は未見ですが、ジョーン•キューザックを始め曲者がたくさん出演してる映画じゃないですか。これは記憶に留めておきます。Youtubeに上がってたクリップ(1シーン)を観たら、DDLがあまりに若く&演技も青くて絶句しました。この人がコメディって、今やもう想像できない図。
      「Cockfighter」は日本じゃブルーレイにまでなってるんですか〜すごい〜。日本のカルト掘りな精神には頭が下がります。ってか、モンテ•へルマンとかイエジー•スコリモウスキみたいな監督が敬愛されてる日本って、やはり特殊かも(いい意味で)。地味と言えば「Hired Hand」もいいですよね。ともあれ、重ねてコメントありがとう&お元気で!

  2. マキ より:

    さすらいのカウボーイね、さすがわかってらっしゃる。W.O.祭りかってかんじですが,あれは音楽も良い。アナログ買いました。
    ところでTPTRは満足できたの?ネタばれなしで、感想を教えて。

    • Mariko Sakamoto より:

      マキさま:どうもー。「さすらいのカウボーイ」サントラ、アナログで持ってるなんて羨ましい。私はあれ、CDで買っちゃったんですよ。失敗。しかしウォーレンは「Cockfighter」と同じ年に「ガルシアの首」公開だったんですねー。濃すぎ。ちなみにWOとハリー•ディーン、そしてジェフ•ブリッジズまで出ている「Rancho Deluxe」も良いっす。
      「TPTR」は、めっちゃ満足しました。ありがとうリンチ!としか言い様がない。

コメントは受け付けていません。