日々の雑感:その2

ずいぶん長いことご無沙汰していましたが、取り組んでいたプロジェクトが一段落しましたー!ということで、ほったらかしにしてあった事柄をぽつぽつポストしていこうかと。

その前にひとつだけ:アリーサ・フランクリンに心からの追悼を。自分が(イギリス人のソウル再解釈を機に)60〜70年代のソウル音楽をかじり始めたのは80年代半ば〜90年代始めだったと思うけど、モータウンやアトランティックの「レーベル大全」的なCDコンピには助けられた&勉強になった。中でもアリーサ・フランクリンはスクリッティ・ポリッティの〝Wood Beez〟やユーリズミックスとのデュエットでガキの自分でも記憶にあったのでアクセスしやすかったし、アーシーさと洗練を兼ね備えた彼女の声と音楽は現在も続く自分のアメリカ南部への興味の原点だったのかなぁと思う。そんなわけで、かっこ良過ぎなこの曲を。

今日のポストは、もう4ヶ月くらい前(!)になりますが、そこそこ近所(と言っても自転車で30分くらいかかりますが)に中古レコード屋がオープンしたので行ってきた際の話。

<この立て看板は建物の裏手にありました。半地下の店舗なので正面からは見えにくいです>

ロンドンおよびイギリス全体でレコード店の数は縮小傾向にあるものの、品数やジャンルを絞ったインディのブティック系レコード・ショップ(カフェも併設されていたり、ライフスタイル度が高い)はちょこちょこ開店している。そのメッカはいまだに東ロンドンながら、南もペッカム圏を中心に少しずつ増えているのは嬉しい、が、この日行ったシガレット・レコーズというお店(この店名は、いまひとつピンときませんが:笑)はヒップでもなんでもないベッケナムというエリアの、しかも公園の中にあるベッケナム・プレイスという歴史的な建物に入っている。

かつての金持ち/貴族が暮らした邸宅だが、この公園の地所の一部も含め現在は地元自治体に活用され、建物もコミュニティ・センターやイヴェント(工芸フェア他)に作り替えられ活用されている。このレコ屋は、その地下に(おそらく一定期間中)店舗を構えている次第。

中古アナログ全般の品揃え(でも強いのはディスコ〜クラブ系)で、サクサクできるちゃんとラックに入ったものから、レコード棚に詰まっていてスパインしか見れなくて難儀なもの、クレートや段ボール箱に入ったまま床に置かれていてしゃがまないとチェックできない腰が痛くなるもの(トホホ)まで在庫数はかなりのもの。最新のホットなレコードは売っていないけど、隠れた名曲とかマニアックな音楽には出会えるお店だと思います。

<壁に飾られた7インチ。この向かって左手に大きな棚があって、チェックするのが大変で半分までで挫折しました>

ちなみにこのお店はレーベルもやっていて、かつ元々はディスコグス通販から始まって発展したらしく、ネット発→でもショップを出したい、という夢を遂に実現させたってことなんでしょうね。そういうフィジカル/コミュニティとしてのレコード店へのあこがれ&愛着みたいなものは、やや雑然としてはいるものの試聴用ターンテーブルもしっかり2台用意されたフレンドリーな店内のムードからも感じられたし、DJワークショップのフライヤー等、ハブ的な存在も目指している。オールドスクールでありつつ、そこに生じがちなエリート主義や「クレート・ディガーの巣窟」めいた暗さは低い、というか。

もちろんマニアックな手合いやヒップな若者も店内にはいたけれど、建物の上階がコミュニティ・センターで周囲は公園だけに、レコード店で滅多に見ない家族連れが顔を出すのはナイスだった。小中学生の娘や息子を連れたお父さんがノーザン・ソウルの7インチをがさごそやってたり、中年カップルが懐かしそうに青春時代のサントラを眺めていたり。彼らは実際には買わないのかもしれないけど、とかくアーティ&ヒップな繁華街や観光地に集中しがちなレコード屋ではあまり見ないフツーで「郊外」な光景に和みました。

がんばってほしいです。(ピクニックも兼ねて?)夏が終わる前に、もう1度行こうと思ってます。

広告

Mariko Sakamoto について

Hi.My name is Mariko.Welcome to my blog,thanks for reading.坂本麻里子と言います。ブログを読んでくれてありがとう。
カテゴリー: music パーマリンク